法人向け教材のご紹介 > 読み > 出会い文庫 > 出会い文庫8月号 猿地蔵

月刊絵本シリーズ

花園文庫
仲良し文庫
出会い文庫
二葉文庫

出会い文庫8月号 猿地蔵

月刊絵本

定価: 650円

AB判(210×257mm) 24ページ
文:北ふうこ
絵:倉石琢也
日本昔話【猿地蔵(さるじぞう)】

人と悪さをする猿たちとが繰り広げるコミカルで楽しいお話。猿たちがお爺さんをお地蔵様と間違えて運ぶ時に出す掛け声が面白い。

内容

猿に畑を荒らされ困っていたお爺さんとお婆さん。悪さをやめさせようとして考えたのは、お爺さんがお地蔵様になって畑に立つことでした。猿たちは、お爺さんを本物のお地蔵様だと思い込み、自分たちの山に運ぶことに・・・。
ユーモラスな猿の歌や、隣の欲張り爺さんも出てくる楽しいお話です。
フリーページ
迷路を抜けて、猿村のお祭りへ行こう! お祭り会場は猿たちがいっぱい。どこで何をしているのかな。
諺劇場
夕涼みが舞台。「蛇に蛙」「鬼の目にも涙」「飛んで火に入る夏の虫」を掲載。
裏表紙 童謡の世界
「金魚の昼寝」

『素話カードセット』を使うと、効果が更にアップ!

より効果的な絵本指導のために、お話のキーワードを漢字カードにしました。子供たちにカードを見せながらお話を読んで、言葉の定着率を高めましょう。

▶素話カードセットの詳細はこちら