法人向け教材のご紹介 > 読み > 出会い文庫 > 出会い文庫9月号 狼と七匹の子山羊

月刊絵本シリーズ

花園文庫
仲良し文庫
出会い文庫
二葉文庫

出会い文庫9月号 狼と七匹の子山羊

月刊絵本

定価: 650円

AB判(210×257mm) 24ページ
文:北川チハル
絵:小林ゆき子
世界名作【狼と七匹の子山羊(おおかみとしちひきのこやぎ)】

繰り返される子山羊と狼とのやり取りの面白さ。あの手この手を使い狼が子山羊たちの家の中へ入って来て…。ハラハラドキドキのお話。

内容

お母さん山羊が出かけ、子山羊たちが家で留守番をすることになりました。お母さんは、狼を家に入れてはいけないと注意して出かけます。すると、狼がやって来て「入れて。お母さんだよ。」とガラガラ声で言います。さて、子山羊たちはどうするのでしょう・・・。
グリム童話を若手の作家と画家が描きます。
フリーページ
お月見を取り上げます。そして、兎がもてなす月の遊園地へいざないます。
諺劇場
家族が防災用品をそろえている光景です。「備えあれば憂いなし」など掲載。
裏表紙 童謡の世界
「とんぼの眼鏡」

『素話カードセット』を使うと、効果が更にアップ!

より効果的な絵本指導のために、お話のキーワードを漢字カードにしました。子供たちにカードを見せながらお話を読んで、言葉の定着率を高めましょう。

▶素話カードセットの詳細はこちら