法人向け教材のご紹介 > 読み > 仲良し文庫 > 仲良し文庫1月号 わらしべ長者

月刊絵本シリーズ

花園文庫
仲良し文庫
出会い文庫
二葉文庫

仲良し文庫1月号 わらしべ長者

月刊絵本

定価: 650円

A4判(210×297mm) 24ページ
文:藤田富美恵
絵:二俣英五郎
日本昔話【わらしべ長者(わらしべちょうじゃ)】

若者が観音様のお告げ通り、最初につかんだわらしべを持ち、旅に出ます。出会いの連続で、持ち物が換わっていき幸せを呼ぶ、楽しい昔話。

内容

昔、心の優しい若者がいました。「最初に手にした物を持って旅に出よ」という観音様のお告げを聞き、若者は喜んでお寺を出ました。うっかり転んでしまった若者が手にしていたのは、一本のわらしべ。わらしべを持って歩いていくと次に出会ったのは・・・。
一本のわらしべが、偶然の出会いを通じて次々と変わっていくのが、この話最大の面白さです。若者はいったい最後に何を手にするのでしょう。
フリーページ
食べ物しりとりで遊ぼう!
わらしべを別の物と交換して最後のおせちまで行けるかな?
俳句
「めでたさも 中くらいなり おらが春」など、小林一茶の俳句を二句紹介。
裏表紙 童謡の世界
「一月一日」

『素話カードセット』を使うと、効果が更にアップ!

より効果的な絵本指導のために、お話のキーワードを漢字カードにしました。子供たちにカードを見せながらお話を読んで、言葉の定着率を高めましょう。

▶素話カードセットの詳細はこちら