法人向け教材のご紹介 > 読み > 仲良し文庫 > 仲良し文庫3月号 化け比べ

月刊絵本シリーズ

花園文庫
仲良し文庫
出会い文庫
二葉文庫

仲良し文庫3月号 化け比べ

月刊絵本

定価: 650円

A4判(210×297mm) 24ページ
文:秋吉みき
絵:高畠ひろき
日本昔話【化け比べ(ばけくらべ)】

狸と狐が化け比べをする愉快なお話。初めに狐がお地蔵様に化けますが狸に見破られ、次に狸が化けたものとは…。

内容

昔々のこと。化け上手でとんちがきく狸が住んでいた。ある日、化け自慢の狐が海を渡ってやって来た。「おい、狸、化け比べしよう」「狐どんが、そうおっしゃるなら受けて立ちましょう」狐は、先に山へ駆け上がり、お地蔵様に化けた。お地蔵様を見た狸は、おにぎりをお供えして拝んだ。目を開けると「ありゃ、どうしたことじゃ?」おにぎりが無くなっていた。次は狸の番。狐どんを一杯食わせることができるかな?
フリーページ
雛祭り間違い探し
絵の中の間違いを探そう!狸と狐も化けているよ。
俳句
「雪解けて 村いっぱいの 子供かな」など、小林一茶と与謝蕪村の俳句を紹介。
裏表紙 童謡の世界
「うれしいひな祭り」

『素話カードセット』を使うと、効果が更にアップ!

より効果的な絵本指導のために、お話のキーワードを漢字カードにしました。子供たちにカードを見せながらお話を読んで、言葉の定着率を高めましょう。

▶素話カードセットの詳細はこちら